ブログ

Blog

マタニティ整体とは

マタニティマッサージ、妊婦マッサージ、マタニティ整体等の、言葉を聞くことが多くなってきていますが、まだまだ妊娠中の施術がNGのサロンがたくさんあるのも事実です。

マタニティ整体とは、お腹が大きくなった妊婦さんでも、負担が少ない体勢で施術を受けることのできる妊婦さんのための整体です。

女性は妊娠すると、ホルモンバランスの変化をはじめ、血液量が増加し子宮に血液が集中するなどの大きな変化が起こります。

それに伴い、腰の痛みや脚のむくみ、便秘、慢性疲労、不眠、ほてりなどの症状を感じることがあります。

また、不安やストレスなど精神面でも不調を起こしやすくなります。

マタニティ整体ではツボを押し、全身の経絡(気の通り道)をケアすることで血液循環をよくします。

気血水(気の流れ+血液循環+リンパの循環)がよくなると様々な症状が緩和され、心身の安定につながります。

母体の健康な気血水は胎児にも流れ、胎児の健やかな成長にもつながります。また、産後にも引き続き施術を受けていただくことで、負担のかかった体が元の状態に戻る手助けをします。

マタニティ整体の効用をまとめると、

 1 血液、リンパ等の循環効果(下肢や足首のむくみ(浮腫))

 2 呼吸器系への効果(成長する子宮が横隔膜の可動域や膨張を制限)

 3 消化器系への効果(便秘、胸やけ、胃酸過多、吐き気、つわり等)

 4 泌尿器系への効果(膀胱の緊張がゆるむ、緊張性尿失禁(くしゃみ等))

 5 ホルモン生産の増加(皮膚刺激→脳刺激→胎盤機能の向上)

妊娠中は、体調の変化から体が重だるかったり、足のむくみ、腰痛等の不調が出てくると同時に、つわりも併せて経験することから、本当に言葉にできないくらい、動くことも辛い状況が続くことがあると思います。

そのような時は、ぜひ出張マタニティ整体をお試しください。

基本的に、安定期に入る妊娠15週からの施術を推奨していますが、この時期に達するまでが本当に辛い時期であると思うので、担当医師の承諾が有ればご相談させてもらいます。

辛い時の駆け込み寺として利用してもらえたら、嬉しいです。

矢野

SHARE
シェアする

ブログ一覧

ページの先頭へ